美しいフォルムと技術
 
 
 
 

 ■ ホーム > 美しいフォルムと技術 > 第14回 三河仏壇振興協同組合展示会入賞作品

第14回 三河仏壇振興協同組合展示会入賞作品

30号屋久杉欄間胴桝造り仏壇

縄文の太古より風雨に耐え抜いて来た生命力あふれる屋久杉の力強さ。
杢目の緻密さ美しさはまさに自然が創りだした芸術の極致ともいえます。その究極の美を余すこと無く、仏壇職人の技が引き出しました。
まばゆいばかりの金箔と、屋久杉の斬新な組合せが、互いの素材の魅力を更に引き出します。

曲面と直線が織りなす鋭角曲面加工。
いぶし座金入り透かし金具。
木地師、錺金具師の技が冴え渡ります。

このお仏壇の最大の特徴でもある本屋久杉の欄間。
緻密で変化に富んだ木目の美しさをそのまま生かしました。
まさに自然の芸術。

各所に見られる美しい曲面。
雲型曲面花頭障子と牛角型長押し。
シンプルな造形の中に力強い生命力を表現しております。

 

御本尊様を安置する中央の須弥壇は斬新な堅固で揺るぎ無い和様箱型を採用。
前面に永遠のつながりを表わす唐草模様をモチーフとした美しい細工を左右対象に施し落ち着きのある風格を与えます。

中央の棚の下部の飾り棚正面の分割内引き出しは、一体型蒔絵を採用し、広々としたゆとり感を醸し出します。

美しい木目出し鏡面仕上の引き出し式大型下台は天板付き。
堅牢な極太かまちに囲まれて毎日の使用にも狂いを生じません。
中には内敷きが収納できます。
一番使う部分だからこそ十分な強度をもたせています。

 


Copyright(C)2006 Aichiya butsudan honpo Co.,Ltd All Rights Reserved.