美しいフォルムと技術
 
 
 
 

 ■ ホーム > 購入のタイミング > 新築・増改築

お仏壇のご修復

新築・増改築 お年忌 万が一の時に為に 相続対策 小さいお子様に
 購入のタイミングトップへ戻る

新築時にお仏壇をご購入・お手入れされる方は45%もいらっしゃいます
愛知屋でお仏壇をご購入あるいはお洗濯等のお手入れをされた方の動機のトップは、『新築』で全体の45%を占めています。何故でしょうか?
【ご先祖様への感謝の気持ちを形にする】
お仏壇は、ご先祖様の『お家』です。住居をご新築されたのにお仏壇はそのままでは、やはり気がひけます。家を新築できるまで頑張ってこれたことや、先祖代々の土地に新築される方でしたら尚のこと、ご先祖様への感謝を形に表すのは当然のことと言えます。
【新たな気持ちで生活を始めるには・・・】
やはり、お仏壇を新調したりお手入れする絶好のタイミングは、新たな気持ちで生活をスタートさせる時です。新築はまさに絶好の機会です。
【新築のご自宅を見栄え良く】
新築の真新しい柱や壁、畳に古いススけたお仏壇は、非常に目立ちます。せっかくの新築のお喜びも半減してしまうことでしょう。カーテンや家具、家電を新調するのと同様に、お仏壇の購入やお手入れを考える方が多くいらっしゃいます。

新築時にお仏壇をご購入・お手入れされる方は45%もいらっしゃいます
【お仏間の位置、設計は大丈夫ですか?】
いずれお仏壇を購入される方は、お仏間の設計のこともお忘れなく…。最近の住宅の仏間は、奥行きが狭く作られていることが多く、お仏壇を買ったが仏間に入らず、仏間や仏壇を手直ししなければならないこともあります。逆にサイズの合うものを選ぼうとすると、どうしても少ない品数から選ばざるを得ません。
また直射日光の差し込む所や湿気の多い所はお仏壇の寿命を縮めることになりますので、なるべく避けて下さい。その他意外と忘れがちなのが電気コンセントです。最近のお仏壇は電気で灯明を灯すタイプがほとんどのため、仏間に電気コンセントの差込口の備え付けをお忘れなく…。
愛知屋では仏間設計のポイントや宗派別の決まり等をまとめたパンフレットをご用意しておりますのでお気軽にお問合せ下さい。
【構築設計前にご相談がベストです!】
お仏壇の買い替えをお考えの場合は、選んだお仏壇と仏間のイメージや寸法が違ったり、予算オーバーにならないよう、設計前等お早めにご来店頂くことがポイントです。
[お仏壇のご修復(お洗濯や部分修復)はこちらをご覧下さい]

新築時にお仏壇をご購入・お手入れされる方は45%もいらっしゃいます
引越屋さんや大工さんに頼まれる方も多いようですが、意外と多いこんなトラブル・・・。
トラブル
問題点
お仏壇に傷がついてしまった 仏壇は繊細で、家具等と同じ感覚で扱うと、『塗りが傷つく、金箔がはがれる、彫り物がとれる』など、大事なお仏壇を傷つけてしまうだけでなく、修復にも余分な費用がかかってしまいます。
扉が閉まらない、
開きにくくなった
お仏壇を動かすと傾ぎが生じ、そのままにしておくと扉の開閉がしずらくなるだけでなく、お仏壇自体の寿命を縮めることとなります。
電気がつかない 電気配線の接続が悪くなったり、古い配線の場合、発火してせっかくのご新築の家を火事にしてしまうことにもなりかねません。
飾り付けが分からない、
飾り付けに長時間かかってしまう

お仏壇には約数十点の仏具があり、元通りにできなくなったり、飾り付けるのに長時間かかってしまうこととなります。


■確かな技術と豊富な経験を持つ、愛知屋の専門スタッフが対応しますから安心です
■移動後のお仏壇の調整や飾り付けまで責任を持って行います
■普段出来ないお仏壇の汚れ落としやワックス掛けも行います
■1時間、専門スタッフ1名派遣で3,000円〜
■新居建築中のお仏壇のお預り(保管)も承ります


Copyright(C)2006 Aichiya butsudan honpo Co.,Ltd All Rights Reserved.