岡崎愛知屋の神棚は、こだわりの国産品。上物は木曽桧(きそひのき)、並物は東濃桧(とうのうひのき)で作られています。

木曽桧(きそひのき)
木曽地域から裏木曽地域にかけて分布する、日本を代表するヒノキです。
伊勢神宮の社に用いられる高級な材として知られています。
加工時には柔らかく、時が経つにつれ強度が増しながら、成分が染み出してすばらしい光沢になります。

東濃桧(とうのうひのき)
岐阜県東濃地方の東部地域を中心に産出されるヒノキの銘木です。柔らかで軽く、木目が直通の為狂いが少ないといわれています。『桧』は木材の肌目の美しさ、優れた耐久性や抗菌性をもちます。殺虫成分を含む為シロアリに強く腐りにくい木材です。世界最古の木造建築物として有名な奈良・法隆寺五重塔の土台や柱などにも多く使用されており『桧』の耐久性の高さを証明しています。






Copyright(C)2006 Aichiya butsudan honpo Co.,Ltd All Rights Reserved.