美しいフォルムと技術
 
 
 
 

 ■ ホーム > 購入チェックリスト

お仏壇のご修復
『お仏壇の値段はわかりにくい』とよく言われます。同じ宗派、同じ種類、同じ大きさのお仏壇でも、材質や造りによって値段が違ってきます。自動車や家電のように大量生産の規格品ではなく、一品ものであるため、比較のしようがありません。しかし、使っている材料、大きさ、造りや細工によって、ある程度の適正な価格は把握できます。『何故、このお仏壇がこの値段なのか?』『この商品とあの商品の値段が違うのは何故か?』こういった疑問を納得して頂き、適正な価格のお仏壇をご購入頂くために、チェックリストを作成しました。これによって不明瞭な売り方をしていたお仏壇屋さんから非難を受けることがあるかもしれませんが、お客様に適正な価格で納得してご購入頂けることを切に願い、あえて業界情報を開示します。


『失敗しないためのお仏壇購入チェックリスト』の活用方法
印刷してお仏壇店に足をお運び下さい
チェックリストを見ながら各部品について質問をしてみて下さい(質問に対して明確な説明をしない、誠実に答えないお店は言語道断です)
お仏壇の見積りを出してもらい、お仏壇チェックリストに必要事項をご記入の上、愛知屋に足をお運び頂くか、お問い合わせください。(相見積もりをご希望の方は、お仏壇チェックリストと見積り明細書をご用意下さい)

番号
技術
部品の説明
極上品A
高級品B
普及品C
1
木地

仏壇躯体の事扉付きの箱状

主に桧の無垢材を使用 桧、欅の無垢材と伴に集成材も使用 主に集成材を使用
2
荘厳
荘厳の写真を見る
屋根から小柱、
須弥壇廻りの部分
地元職人による手造り仕様 国内産の材料にて仕上げ、手造りと伴に機械も使用 海外職も支えた造りで、機械も使用
3
彫刻
仏壇上部の欄間宮殿円部の内彫り 地元職人による手彫り品 国内産の材料を使用し、木取り等は機械を使用 海外職も支えた造りで、機械も使用
4
塗り
木地、荘厳、彫刻等の塗装部分 本漆を使用した手塗り仕上げ 手塗りと吹き付き付けを合わせた塗り 主に化学塗料を
吹き付けたもの
5
金具
主に木地、荘厳、扉、柱等に打つ 主に銅、真鍮を使いタガネで柄を入れる 銅、真鍮材をプレス型にて打ち抜く 真鍮、アルミ合金等をプレス型で成型
6
蒔絵
荘厳の写真を見る
内廻り、引出し、
障子等に描く漆絵
本漆と研粉を混ぜ合わせて絵柄を盛り上げる カシュー材に下地を作り、絵柄を盛り上げる 印刷、シール等も使用して絵柄を描く
7
金箔

お仏壇内部に貼る純金

主に純度の高い一号色(97.66%)、二号色(96.91%)を使用し、漆にて貼り付ける 主に純度の高い二号色、三号色(95.79%)を使用し、カシューに貼り付ける 主に四号色(純度94.45%)を使用し、カシューにて貼り付ける
8
組立
外部材を最終的に仏壇まで仕上げる 銅クギを使用しホゾ組仕上げにする 一部クギ打ち、ボンド付けをする 組み付けは接着剤を使用し、修復が難しい
9
完成品
お仏壇のランクは種々あます 伝統工芸品かそれに準ずる手造り仏壇 主に国内産地仏壇 海外木材も含めた造りで、主に修復は不可能な仏壇
印刷用はこちら印刷用ページへ

弊社へのご相談の際にご記入いただく必要事項
・宗派
・サイズ
・種類(金仏壇、唐木仏壇、現代調仏壇、小型仏壇)
・見積り価格(消費税別・込、仏具別・込)
・氏名
・住所
・電話番号



 
Copyright(C)2006 Aichiya butsudan honpo Co.,Ltd All Rights Reserved.