美しいフォルムと技術
 
 
 
 

 ■ ホーム > 情報コーナー > Q&Aコーナー

情報コーナー

Q&Aコーナー お役立ちリンク  
 情報コーナートップへ戻る

仏事について

御位牌について教えて下さい。
御位牌とは故人の戒名を書いて仏壇に納める木の札のことをいいます。黒い漆で塗られたものが一般的ですが、他にも金箔や蒔絵で装飾したもの、黒檀や紫檀で作られたものなど多くの種類があります。厳密なきまりはないので、仏壇とのバランスを考えて選べばよいのですが、一般的には真宗両派(西本願寺派、大谷派)は位牌を使用せず法名軸でおまつりし、別に過去帳を用意します。
また、50年以上経った御先祖様の位牌は“楼門”という繰り出し形式の御位牌に納める場合もあります。
板位牌
繰出位牌
法名軸

御位牌の戒名はどこにお願いして書いたらよいのでしょうか?
御戒名は本来御遺族のどなたかが書かれるのがよいのかもしれませんが、板位牌の場合は長い年月の間に消える心配があるので、文字を彫るのがよいようです。仏壇店で承っています。
繰り出し位牌の場合は檀家になっているお寺のご住職に書いて頂くことが多いようです。

御位牌にはどんな意味があるのでしょうか?
古来日本では死者の霊魂は死んだ後しばらくの間、行場所が分からずにあたりをさまようと考えられていました。そこでこうした霊がとどまることの出来る場所を作ったのです。それをイツキ木、あるいは仏木とよんでいました。仏教の伝来とともにそうした葬送習慣にも変化がみられ死後49日後に僧侶が引導を渡すことで死者が成仏するという仏教の考え方が加わり、戒名を仏木〔イツキ〕に書いた物が御位牌になりました。
そのなごりは四十九目の法要まで白木の位牌を用い、成仏した後本来の御位牌をつくるるところに現れています。

家族に死亡した人がいないのですが、そういう場合は御位牌を安置していない御仏壇をおまつりしてもよいのでしょうか?
御仏壇は御位牌を安置し先祖を供養する場所であると考えられていますが、本来はご本尊をおまつりして仏様に祈りをささげる場所なのです。したがって御位牌のないお宅でも御仏壇を用意されるのはよいことなのです。

妻の両親の位牌を、一緒におまつりしてもいいのでしょうか?
日本人の家族制度というのは、ここ数十年でずいぶん変化しました。以前は、先祖代代つづいてきた家の家督を長男が継いでいくものだという意識が一般的でしたが、最近は核家族化が進み、そのような先祖代々という意識は希薄になってきているようです。むしろあったことの無い先祖よりも、身近な家族を大切にしようというのが現代人の考え方であるようです。それゆえ結婚した女性の場合、自分の両親の位牌を近くに置いておきたいと考えるのも当然だと思います。以前は嫁にきた女性の親の位牌を置くということは考えられないことでしたが、最近はあまりこだわることをしなくなったようです。少子化の中で子供が娘だけという家も増えてきましたし、男女平等が叫ばれる現代ではむしろ夫婦お互いの両親の位牌をまつることは好ましいといえます。
この時、夫婦それぞれの実家の宗派が異なる場合は、どうすればいいのでしょうか。一般的には宗派が異なっても、妻の家の位牌を、夫の家の仏壇の中にそのまま安置してかまわないでしょう。形の上では、他の宗派の本尊のもとに間借りしているようなかたちになりますが、宗派が違っても、仏教の求めるところはひとつです。ただ妻が女性だけの姉妹の長女であったり、一人っ子であったりした場合は、少しやっかいです。妻が、自分の実家の先祖供養を継承する場合です。ひとつの仏壇に両方の宗派の本尊を置くこともできません。家に二つの仏壇を置くこともあまり現実的でもありません。やはり夫の家の仏壇に、本尊はそのままで安置してもらうしかないというのが現実のようです。ただ、お墓や檀那寺の問題とも関わるのですが、自分の子供の世代になったときに、子供たちが、父方と母方の違う場所にある二つのお墓や檀那寺で供養を続けていくのは大変なことです。どちらかの家の供養がおろそかになってしまうことも考えられます。そのようなことを考えたときに、自分たちが元気なうちに、どちらか一方の宗派に改宗し、お墓を同じ墓地に移すといったことも考えたほうがいいのかもしれません。最近では両家のお墓をひとつにすることも行われているようです。そうすれば、本尊も同じになりますので、気持ちよく同じ仏壇におまつりすることができるでしょう。

数珠の由来は?
数おこりはいろいろな説があります。お釈迦様は私たちに百八つの煩悩がありそれを断ち切るために百八つの数珠をつくり一心に仏を念じて数珠を繰り返し数えれば仏様のご加護を頂き幸福がそなわるとお示しになりました。

数珠の掛け方は?
座っているときは左手首にかけ、歩くときは左手にもち礼拝の時は親玉を中指にかけます。片手用のときは合掌した八指にかけます。

念仏の功徳は?
仏名をとなえ一編つまぐれば真珠、サンゴは百倍の福、ムクロジは千倍、ハスの実は万倍、金剛樹は百億倍、水晶は千億倍、菩提樹はその福、無量
である、…といわれております。
また髪にさせば五逆罪を滅し首にかければ四重罪を浄め、手または肘にもてばもろもろの罪を滅する、と言われ念仏をとなえなくとも常に菩提樹の念珠を身につければ話す言葉にまでも念仏の功徳を受け福を無量に受けます、と昔 より言われております。

念珠の修理は?
良い品のお数珠を親から子へと代々受け継いで行きたいものです。
念珠の糸直し、房の交換、玉を補充して制作、玉の交換などの修理は岡崎愛知屋にご相談ください。
尚、新しい数珠も豊富にに取りそろえてございます。





Copyright(C)2006 Aichiya butsudan honpo Co.,Ltd All Rights Reserved.